headerImage
(更新日:)

家飲みマンネリ化してない?そんな時は日本酒のサブスクで変化を!

生活
この記事で紹介しているサブスク
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

家でお酒を飲む機会が増えた今年もあと2か月ですが、そろそろ家飲みがマンネリ化してきたという人も多いのでは? そこで今回は、そんなマンネリを吹き飛ばし家飲みを楽しくしてくれる日本酒のサブスクをご紹介します!

日本酒のサブスクの選び方

ここでは数ある日本酒のサブスクサービスの中から

自分にあったサービスを選ぶポイントをお伝えします。

⑴ 届く頻度

もし普段お酒を飲む頻度と大きく離れているようであれば、飲みきれずどんどん貯まっていってしまう可能性があります。 自分がどれくらいの頻度、量を飲みたいのか予め思い出しておきましょう。

⑵ どんなお酒を飲みたいか

日本酒とひとくちに言っても、日本全国の日本酒を届けてくれるものもあれば、完全オリジナルの場合もあります。

⑶ 好き嫌いがある場合は、内容が事前にわかるものを

日本酒に対して極端な話好き嫌いがある場合は、届くまで中身が見えないタイプのサービスは避けた方が良さそうです。

おすすめの日本酒のサブスク3選

⑴ プロが選ぶ日本酒とおつまみが届く【saketaku】

saketakuは日本酒ファンの、もっと色んな日本酒を楽しみたい!という声から生まれたサービスなんだそう。 美味しさと希少性にこだわって選ばれた日本酒とおつまみが毎月家に届きます。

届く量は毎月1本もしくは2本でライフスタイルに合わせた調整が可能です。 1本の場合は5,980円、2本の場合は6,980円です。

公式HPを見る

⑵ 全国から集められたこだわりの日本酒が届く【酒標】

全国の日本酒のなかから、日本酒のエキスパートが選んだ日本酒が届くサービス。 飲み比べ、ごほうび便やマイナス5℃熟成コースなど個性溢れるコースが酒標の特徴です。 プラス500円でおつまみも。

公式HPを見る

⑶オリジナルの日本酒が届く【日本酒にしよう】

日本酒にしようでは、毎月全国の蔵元から、“蔵出ししぼりたて“の日本酒だけが送られてきます。 これまで味わったことの無い、新しい日本酒の世界を知ることができるはずです。 コースは毎月1本もしくは2本で、おつまみなどはつかないシンプルなコースです。

公式HPを見る

まとめ

今回は日本酒のサブスクについてご紹介しました! まだまだ家での時間が続くからこそ、工夫をして楽しく過ごしましょう!

この記事が面白い、参考になったと思ったらシェアをよろしくお願いします👋
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなのサブスク運営
みんなのサブスク運営をしています。「本当に必要だったサブスク」を読者に届けるために記事を執筆。Twitterアカウントも運営していますのでよければフォローお願いします。
よく読まれている記事
今年の秋はサブスクでアートを。2020年最新版まとめ
記事を探す