headerImage
(更新日:)

英会話習慣化したいならサブスクで!おすすめ3選

学習
この記事で紹介しているサブスク
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

「おうち時間が増えたことだし、語学の勉強でも始めてみるか!」と意気込んだはいいものの、続かない、、、。 これは私の話です。

そんな三日坊主を抜け出すための手段として私が選んだのは、一か月ごとに料金を支払って英会話を行うサブスクリプションサービスの「オンライン英会話」。

ここでは実際に使ってみた感想や選び方、それらの観点から選んだ他のおすすめを一緒にご紹介します!!!

1. まずは体験談

私がオンライン英会話サービスを選ぶとき、最も重視したのは価格でした。(初心者だったので、、) そしてレアジョブを選び一か月続けてみました。

感想としては

<嬉しいこと>

  1. 毎日しゃべることができることで上達の実感がある
  2. 本屋で5000円の教材を買うよりは実感があり嬉しい
  3. 毎日講師を変えることができて飽きない
  4. Skypeがなくてもいい
  5. コースや話題が充実している

<少し不満だったこと>

  1. 時々講師の電波が悪くなる
  2. ネイティブではないので発音は微妙

といった感じでした。 特に強く思ったこととして、今回私は価格重視でレアジョブを選んだのですが、やはりネイティブから習うほうがより綺麗な発音は身につくだろうということでした。 そういうわけで私は一か月以上は続けず、新たなサービスを探すことにしたのですが、とにかくしゃべりたい!という人にとっては毎日自分に合ったコースで会話ができるレアジョブはぴったりの、良質なサービスだと思います。

2. オンライン英会話の選び方

上の体験談なども踏まえて、ここでは私のような社会人がオンライン英会話のサブスクサービスを選ぶときの観点をご紹介します。

⑴ 講師

特に講師の国籍でしょうか。 私のように、よりネイティブに近い正確な発音、イントネーションを学びたいという人はアメリカやイギリス人の講師が在籍するサービスを選ぶのがいいでしょう。

⑵コースの充実度

オンライン英会話と一口に言っても、旅行レベルのものから本格的なビジネスシーンを想定したものまで様々です。 自分がなぜ英語を話せるようになりたいのかを明確にし、それに合ったコースを選択することをおすすめします。

⑶クラスの数

クラスの数は、毎日行うものもあれ週1回のコースで行うものもあります。 自分の予定と相談して決めるのがよいでしょう。 毎日のクラスは、成長が実感できる反面急な予定が入ったときは少し苦労したりすることもありました。

3. おすすめ3選

ここでは上記の観点を踏まえてのおすすめサービスをご紹介します!

⑴ ネイティブ講師から学べてビジネス会話もばっちり【 Mainichi英会話】

アメリカやイギリスのネイティブ講師から学べるのがポイントのMainichi英会話。 少し料金は高めですが、この機会にしっかり習得したいという方にはおすすめです。 また担任制なので、じっくり丁寧に学習することができます。

公式HPを見てみる

⑵とにかく英語を話せるようになりたい!【NativeCamp】

月額5500円で使い放題のネイティブキャンプ。 これぞサブスクの醍醐味ですね。とにかくたくさんしゃべりたい!という人におすすめです。 また、講師は100カ国以上から選ぶことができ、発音もしっかり学べます。

公式HPを見てみる

⑶リーズナブルでも納得の充実度【DMM英会話】

DMM英会話は5,500円(税込み)とお手頃ながらも、94カ国の講師や細かいシーン別の学習ができる充実っぷり。 初心者の方はこれから始めてみるのはどうしょうか?

公式HPを見てみる

4. 一覧表

ここでは上記でご紹介したサービスをまとめて比較しています!

プラン講師の国籍特徴
Mainichi英会話入会金:24,000円 月に4回 → 月額:12,000円(税込) 月に8回 → 月額:18,080円(税込) 月に8回 → 月額:12,000円(税込)全員ネイティブビジネスに強い
ネイティブキャンプ月額6,480円多国籍(ネイティブ含)レッスンは受け放題
DMM英会話スタンダードプラン 毎日1レッスン 月6,480円(税込) 毎日2レッスン 月10,780円(税込) 毎日3レッスン 月15,180円(税込)125カ国の講師講師の国籍が充実 リーズナブル プラスの機能が充実

まとめ

今回は、私の体験談も踏まえて社会人におすすめの英会話サービスをご紹介しました。

この記事が面白い、参考になったと思ったらシェアをよろしくお願いします👋
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなのサブスク運営
みんなのサブスク運営をしています。「本当に必要だったサブスク」を読者に届けるために記事を執筆。Twitterアカウントも運営していますのでよければフォローお願いします。
よく読まれている記事
今年の秋はサブスクでアートを。2020年最新版まとめ
記事を探す